マーケティングアプリケーションズで活躍する人の3つの特徴!

マーケティングアプリケーションズ(以下MApps)で人事を担当している大野です。

約10年前には「就職氷河期」と言われる時代もあり、有効求人倍率が0.5を切っていた時代もありましたが、現在の有効求人倍率は東京は2.12(2019年時点)と、求職者を企業が取り合うような時代になりました。

そうなると、転職や就職活動時、企業がありすぎてどう選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
どこの企業で働くのか、昔に比べ選べるようになってきた昨今。

今回はMAppsがあなたにとって活躍できる場なのかを見極める参考に・・・
転職して実際に私が感じた「MAppsで活躍する人の3つの特徴」をお伝えしたいと思います。




1.自発的に行動したいという人

MAppsのコアバリューには「自分の頭で考える」というのがあります。
MAppsでは「細かな指示」をされることがあまりありません。
1~10まで逐一教えてもらいたいという方は向いていないかもしれませんが、
やり方や進め方を自由に決められる事に喜べる方は向いている環境と言えるでしょう。
自由の度合いは案件や時と場合によち違うかもしれませんが、決まった型があり息苦しい環境ではないことは確かです。
実際に私も入社してここまで自分で決めていいのかと驚く事もありました。
結果的に自発的に行動したいという人が活躍できる環境だと思います。

2.挑戦し続けたいという人

これは代表と話をしていると常々感じるものです。MAppsでは挑戦する心も大事にしたいと考えています。
実際に代表自ら今も新しいビジネスに挑戦をしています!
維持をしているだけでは新しいものは生まれません。
何かを変えていこうとするのであれば、「前例がないから」といった考えは取っ払って、新しい事例を作っていくぐらいの気持ちが必要になると思います。
挑戦する者から新しいものが生まれる。
時代の変化に合わせ、私達も挑戦し続けないといけないと日々感じます。

3.成長したい人そして最後に、私が入社して一番感じたものをお伝えします。
当然のことかもしれませんが、MAppsでは成長意欲の高い方がやはり活躍もしていきます。
活躍している社員の例として・・・
遅くまで残業しているのかと思えば、勉強していた!という社員を時々みかけます。
また、積極的に先輩と勉強会をおこなっている社員もいます。
通勤時間を使って必ず勉強しているという社員もいます。
今例に上げた社員はあくまでも自主的に行っています。
なかなか簡単に取り組める事ではないかもしれませんが、決して仕事に直接的に関係のある内容でなかったとしても、自己成長をモチベーションに学び、働く社員の多くが活躍している会社だと感じます。




以上の3つの特徴に共感のできる方がいましたら、MAppsでもきっと活躍できることでしょう!


現在はコロナウイルスの影響を考慮し、オンラインでの選考も積極的に取り入れていますので、ちょっと話を聞いてみたいという方はぜひお気軽にご応募下さい!